本ブログの一部にはプロモーションが含まれています【一部動画もあります!<こちら>】
広告

旧信越本線アプトの道!「熊ノ平駅」と碓氷第三橋梁「めがね橋♪」

めがね橋 鉄道旅行
広告

ハイキングにも良いアプトの道

横川駅ー軽井沢駅(11.2km)の
明治26年に開通したアプト式鉄道の跡、
現在は一部遊歩道となっている
アプトの道を見てきました

旧熊ノ平駅から

国道18号線沿いの
熊ノ平駐車場に車を止めました
熊ノ平駐車場

熊ノ平のバス亭もここにあります
(運行日注意)

駐車場、
誰もいませんでしたね!(^^)
熊ノ平駐車場

本当は軽井沢からここまでバスで来て
アプトの道で横川駅まで
頑張って歩くつもりでいました

途中で暗くなったら困るので(^^)
部分的に覗いてみることにしました

ガイドマップによると
往復だと12.2kmで
所要時間は3時間半とのこと!

もし今から往復してたら
帰りは暗闇の中を歩いていたことでしょう(><)

この先をご覧いただくと「暗闇は絶対ムリ!」って
わかると思いますので是非ご覧下さい(笑)
アプトの道案内

熊ノ平駅へ行ってみます
アプトの道

この階段を登らないといけない!
結構ありますね
熊ノ平階段

けっこうきつい階段でした
我慢

秋は紅葉の名所というだけあって
もみじがとても多いです
熊ノ平もみじ

着きました!
旧熊ノ平駅
熊の平駅跡

*横川方面
一番右のトンネルがアプトの道のスタートです
アプト路線があったトンネルですね

残っている線路は
アプト式廃止後に出来た新線です
1997年9月30日まで使われていました
横川方面

*軽井沢方面
軽井沢方面
軽井沢方面は全部行き止まりとなっていますが

廃線ウォークというイベントの時に限ってだけ
横川⇔軽井沢間を歩くことが出来ます

これからご紹介するアプトの道は
一般開放されていますので

いつでも歩くことが出来ますが

旧線路を歩くことが出来るのはイベントの時だけです
最後にご案内してますのでご覧下さい

過去に勝手に軽井沢方面に入って
事故も起きているそうなので
許可なく通る事はやめましょう

石碑と駅の案内があります石碑

読めるように撮ってみました
熊の平案内

ホーム
結構しっかり残ってますね
熊ノ平ホーム

熊ノ平ホーム
当時ここに線路を敷くのは大変な作業だったでしょうね

これだけ今もしっかり残っていると
簡単に復活出来そうな気がしてしまいます

東南アジア諸国あたりだと
普通に列車が来るレベルですよね(^^)

どこからどこまでの区間かわからないですが
本当に復活話しが立ち上がっているそうです
熊ノ平ホーム

線路

高架線

ここは過去、何度か事故が起きている駅で
1950年には土砂崩れによる大規模な事故も発生しています
そのため慰霊碑もありました

昭和41年1月31日限りで駅は閉鎖され
その後は使用されていない駅です

現在はとても静かな場所なので
鹿やキツネ、猿などの
野生動物に出会う事がよくあるそうです

熊だけは怖いですけどね!
熊
ここから途中を立ち寄りながら
一番の名所「めがね橋」へ向かってみます

途中のアプトの道を少し紹介

横川ー軽井沢間11.2kmの間に
トンネルが26
橋梁は18あります
険しい所である事がわかりますね

熊ノ平駅を出てすぐの橋梁(きょうりょう)アプト道

すぐ先に第六橋梁の案内があって
第6橋梁

階段があって
ここは登って行けるようなので行ってみました
第6橋梁

上がってすぐ左にトンネル
熊ノ平から歩いて来てたら
ここへ来るわけですね
第七号トンネル(75m)