秋の京都観光

JALエアバスA350ファーストクラス!機内食が美味しい「新千歳ー羽田」

JALA350JAL

JALエアバスA350-900初搭乗

 

A350はB777型機の退役によって
今後中心となって飛ぶ機材ですね

初就航から遅れること1年ちょっと、
A350初乗りがファーストクラスです(^^)

少し(前置き)がありますので
機内の様子からご覧になる場合は

目次3の搭乗開始から
ご覧下さい

ファーストクラスの運賃

今年一度「羽田ー那覇」で
JALボーイング777-200
ファーストクラスに乗りました
(最後のPICKUPをご覧下さい)

その時激安で乗ったのですが

実は今回も激安です(^^)
21,860円

A350ファーストクラス料金

当日羽田に戻っても時間的に
埼玉のはしっこにある
自宅までは帰れないので

千歳か苫小牧あたりに泊って
翌日帰る予定でスケジュールを組んでいたのですが

事前にフライト検索をしてみたら夜便に

激安なファーストクラスが
あるじゃないですか!!

ならば羽田へ戻って
東京に泊ることにしました

それとeJALポイント
15000ほどあったので

それを差引に利用して
21860-15000=6860円
乗ったわけでございます!!
安いファーストクラスですよね?

※JALマイル→eJALポイント交換率
3000マイル=3000eJALポイントに交換
5000マイル=5000eJALポイントに交換
10000マイル=15000eJALポイントに交換
2週間後に見てみたらファーストクラスは
45000円まで跳ね上がってましたので
早く予約をすることは大事ですね!
JAL料金

座席はここ

(JALHPより引用)

今回は窓際が取れました!【2K】

ファーストクラスの席は

横2-2-2となっていて計12席

ファーストクラス座席

搭乗開始

ファーストクラスなので
一番に乗りました

JALエアバスA350

前には誰もいません
こんなの初めてです(笑)JALエアバスA350

席は(2K)
JALエアバスA350

CAさんが
すぐに上着を預かってくれました
キャビンアテンダント

隣は結局空いてましたね
JALエアバスA350

ファーストクラスの座席は
横2-2-2で全部で12席
JALエアバスA350

座席の様子や感想

エコノミーは窓がすぐ隣ですが
ファーストクラスは窓が遠い
JALエアバスA350

モニター画面がありますが
a350はエコノミーにも付いています
JALエアバスA350

席左側にUSBがあって
小物が入れられます

他コンセントと
イヤホンジャックでしょうか
右側にかすかに見えるのは
モニター画面操作のリモコン
JALエアバスA350

リクライニングスイッチ
フラットにはならないですが
マッサージ機を倒したくらいになります
JALエアバスA350

めいいっぱいでこのくらい
JALエアバスA350

前には小物入れが付いています

席右側にスペースがあって
腕を入れてスカスカなので
広いのがわかると思います

サイドのここにテーブルが入ってます

出して広げてみるとこんな感じ

足元は
ボーイング777-200の方がやや広く感じました
JALエアバスA350

あと、スリッパが付いてます
他エチケット袋と安全のしおり、
ファーストクラスの説明と雑誌、
JALSHOPです
JALエアバスA350

JALエアバスA350

JALエアバスA350

JALエアバスA350

JALエアバスA350

JALエアバスA350

機内食メニュー

JALエアバスA350

舌噛みそうな
立派なメニュー言葉がいっぱい並んでます

JALエアバスA350

これがめちゃくちゃ熱いから
気を付けてくれとCAさん
JALエアバスA350

なんだろ?と恐る恐る開いてみたら
ただのパンでございました!(^^)
JALエアバスA350

全体的に一口ずつという感じの量です
JALエアバスA350

 

メインの
コテキーノとレンズ豆の煮込み
JALエアバスA350これだけは知ってました
イタリアの年越し料理ですよね!

いわゆる縁起物で
日本でいうと
年越しそばにあたるものでしょうか

イタリアでは大晦日に
コテキーノとレンズ豆を食べる
習慣があると聞きます

コテキーノは
豚肉のソーセージのようなもので

レンズ豆は
金運を引き寄せる
ラッキーフードと言われてます

では縁起物!いただきます
JALエアバスA350
レンズ豆は食べた分だけ
お金持ちになると言われてる
ので

一粒も残さずきれいにいただきました!

これでまたファーストクラスに乗れるぞ!(笑)

元がどんなものなのかは
こちらを御覧下さい↓
楽天市場売れ筋店 レンズ豆

デザートは
要はプリンみたいなものでした!JALエアバスA350

食後にコーヒーをいただきました
JALのコーヒーはおいしいです
JALエアバスA350

JALのコーヒーについて

羽田ー那覇の方が
食事の量は多くずっと良かったですが

たぶんフライト時間も関係してるのだと思います
新千歳ー羽田は1時間ちょっとですからね

飛んでシートベルトサインが消えて
食事が運ばれ、
食べて、コーヒー飲んだら

「着陸の準備にはいりましたあ~」
ってアナウンスされますからね(^^)
CAさんがとても忙しい

飛行機に興味の無い方は
「なんであんな空の上で飯を食わなきゃいかんのだ!」

という人もいますが

飛行機好きなら反対で
「空の上で食べるから良いのだ!」
と言いますね(^^)

 

真ん中席にいた
ひざ掛けして寝てるお二人さんは
JALエアバスA350
機内食を断ったようでずっと寝てました
話し方やそぶりから

ファーストクラスに乗り慣れすぎてる
強者であることがよくわかりましたね!

レンズ豆が必要の無い人たちです!(笑)

因みに関東で年越しそばは
12月31日の夜に食べる習慣がありますよね?
でも北海道では
12月31日の昼にそばを食べてしまい
大晦日の夜にはもう
おせち料理を食べ始めるんですよね
変なの・・と思ったら
変なのは自分の方(関東)で
元々は北海道形式が当たり前だったと聞いて
驚いたことがあります
変えてしまったのは関東の方だったのですね
機内食は羽田発、羽田着、
時間帯によっても変わります

快適さ

この「ぶるぶるマーク」はなんだろ?

と思って押してみたら
背中と足の振動マッサージでした
必要かどうかはちょっと微妙(^^)

 

隣との間にあるこの壁は
なんというのでしょう?
パテーション??
これがあるのと無いのとでは
かなりプライベート感が違いますね

JALエアバスA350

JALエアバスA350

 

この丸いのはなんだろ?と思って
回すものだと思って回そうとしたら
全然動かない
飛行機が揺れた瞬間に
JALエアバスA350

ポチっとなったら明かりでした
回すんじゃなくて、
押すでしたね(笑)
JALエアバスA350

化粧室(トイレ)も覗いてみました
いたって普通でしたが
とても清潔感がありました
JALエアバスA350

JALエアバスA350

 

この大きな鏡は女性に喜ばれそう

JALエアバスA350

A350はボーイング787と同様に
気圧が地上に近い状態で
保たれているといいます
ボーイング777-200とかは標高でいうと
2500m付近、
富士山の五合目付近でしょうか?

しかし
A350は
1500m~1800m付近の気圧と
同じに保たれているため

たしかに耳がいつもみたいに
ツンとならなかったです
また、
CAさんも肌の手入れに悩むほど
飛行機内はとても乾燥するものですが
湿度も他の飛行機より高いので
女性の肌にやさしい機材であるとも言えますね

機長のアナウンスで
かなり揺れると言ってましたが
噂どおりA350はそんなに揺れないですね


世界が落ち着いたら
今度は国際線のファーストクラスに
挑戦してみたいですね!

JALで行く航空券+宿泊セット

航空会社にこだわらない格安航空券&ホテル【スカイチケット】

航空会社にこだわらない格安航空券探し「スカイチケット」

コメント