5と0のつく日【5・10・15・20・25・30】の宿泊予約は楽天がお得になる日

御殿場から新宿へ!フェルメール・ブルーの小田急ロマンスカー「ふじさん号」

小田急ロマンスカーふじさん号ロマンスカー

特急ロマンスカー
「ふじさん号」
乗換なしで御殿場から新宿へ

 

ここは御殿場線、御殿場(ごてんば)駅
「静岡県御殿場市」
御殿場駅
ホームから富士山がよく見えます
御殿場駅

313系
沼津行きと国府津(こうづ)行きの両方が止まっています

電車本数は決して多くはないですが
乗車率は結構高いです

沼津から御殿場まで座れませんでしたが
みんな御殿場で降りましたね(笑)
313系

電車が出ていったあとのホームはこんな感じ

左手にチラっと青い電車が見えます
これから乗る電車です
御殿場駅

特急ロマンスカーふじさん号<新宿⇔御殿場>

東京方面から静岡県の御殿場駅へ行くのに

東海道線で国府津へ行き御殿場線に乗り換える

新幹線で小田原へ行き
小田急線で新松田へ、
徒歩で松田へ行き御殿場線に乗り換える

新幹線で三島へ行き
東海道線で沼津駅へ行き
御殿場線に乗り換える

など、

乗り換えもあって時間もかかり
とても面倒ですが

1日数本だけ東京方面の新宿駅から
御殿場駅までを乗り換え無しで行ける
ロマンスカーがあります

それがこちらの特急ふじさん号です

ふじさん号

ふじさん4号

今回は御殿場から新宿へ
御殿場12:48発の
ロマンスカーふじさん4号に乗車しました

車両はMSE:60000形
MSE

他のロマンスカーの設計も行った、
岡部 憲明さんの設計で

車体色は「真珠の耳飾りの少女」で有名な色、
フェルメール・ブルー

小田急の伝統の色
バーミリオン・オレンジの帯が入っています

6両編成で
新宿→御殿場の先頭はこちら(1号車)で
ふじさん号

御殿場→新宿の先頭はこちら(6号車)になります
ふじさん4号

このロマンスカーは展望席が無いのが少し残念

展望席があるロマンスカーは
白いVSE50000形と
VSE
赤いGSE70000形だけですね
GSE

展望席は小田急ロマンスカーの乗車率が下がっていた頃に
小田急が市場調査を行って

お客さんの要望を聞いたところ

「展望席があったらいいな」という
多くのお客さん方の意見から出来た席だと聞いております

おすすめ座席はトイレがある5号車

5号車に乗ります
1号車から見て回りましたが

個人的には
ふじさん号のオススメ座席は5号車です
MSE

落ち着いた色の座席です
カーペットはワインレッド
ロマンスカーふじさん号

ロマンスカーふじさん号

ロマンスカーふじさん号
車椅子の方対応の1人席も5号車にありました
左右に1つずつ、計2つあります
ロマンスカーふじさん号
背面テーブルはありませんでした
フックがありますロマンスカーふじさん号
サイドテーブルはありました
ロマンスカーふじさん号
暑いので自分の扇風機を置きましたよ(^^)
ロマンスカーふじさん号

5号車には男性トイレと
ロマンスカーふじさん号
女性トイレ
ロマンスカーふじさん号
そして多目的トイレがありました
ロマンスカーふじさん号小さなお子さんなどが
飽きてしまい落ち着かなくなった時

この辺をウロウロさせてあげると
良いかもしれません

御殿場-松田間

御殿場ー松田間はJRで
松田ー新宿は小田急線です
そのため運転手さんと車掌さんが松田駅で代わりました

列車からの景色を眺めるのが好きです

ほとんどの人はスマホ触ってるか寝てるかですが
私はいつでも外を眺めています(^^)

景色が楽しめるのは御殿場ー松田間くらいなので
松田駅を過ぎてから爆睡しました
ロマンスカーふじさん号

ロマンスカーふじさん号

ロマンスカーふじさん号

松田駅

初めて地下鉄を走るロマンスカー

MSEの最大の特徴は
東京メトロ(地下鉄)への乗り入れでしょうか

代々木上原から新宿へ向かわずに
地下鉄千代田線に入り
北千住までを走っていますが

先にご紹介した座席の背面フック、
ビジネスバッグや傘をかけて下さい!
という作りにも見えます

大手町、霞が関、表参道を通るため
お仕事の方々に配慮した作りとなっていますね
ロマンスカーふじさん号
地下鉄内を座席指定で乗ることができる特急というのも
大きな特徴の1つですね

大手町で多くの方が降りてしまうと聞いていますが
大手町駅と東京駅は目と鼻の先なので

東京行きのロマンスカーと言っても
良いのではないでしょうか?

北千住ー箱根湯本間を
観光列車としても走っています

先日
確かに箱根湯本駅で見ました(^^)
MSE
多用途的であることから
「マルチな機能を持つ電車」という意味で
MSEというのだと伺っております

ふじさん号時刻表と停車駅及び臨時列車

が平日と休日両方走る「ふじさん号」
は休日のみ走る「ふじさん号」
は繁盛期の土休日のみ走る「ふじさん号」です
(31号と32号ですね)

2021年(夏)の場合は、
7月17日(土)、18日(日)、22日(木・祝)、23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)

8月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)
です

新宿⇒御殿場

ふじさん1号:新宿6:40発ー御殿場8:13着
【停車駅】
新宿ー新百合丘ー相模大野ー本厚木ー秦野ー松田ー駿河小山ー御殿場
ふじさん11号:新宿8:40発ー御殿場10:19着
【停車駅】
新宿ー新百合丘ー相模大野ー本厚木ー秦野ー松田ー駿河小山ー御殿場
ふじさん3号:新宿10:40発ー御殿場12:24着
【停車駅】
新宿ー新百合丘ー相模大野ー本厚木ー秦野ー松田ー駿河小山ー御殿場
ふじさん31号:新宿12:40発ー御殿場14:18着
【停車駅】
新宿ー新百合丘ー相模大野ー本厚木ー秦野ー松田ー御殿場
ふじさん5号:新宿14:40発ー御殿場16:21着
【停車駅】
新宿ー新百合丘ー相模大野ー本厚木ー秦野ー松田ー御殿場

御殿場⇒新宿

ふじさん2号:御殿場8:48発ー新宿10:27着(土休日は12:29着)
【停車駅】
御殿場ー松田ー秦野ー本厚木ー相模大野ー新百合ヶ丘ー新宿
ふじさん32号:御殿場10:48発ー新宿12:27着
【停車駅】
御殿場ー松田ー秦野ー本厚木ー相模大野ー新百合ヶ丘ー新宿
ふじさん4号:御殿場12:48発ー新宿14:27着
【停車駅】
御殿場ー松田ー秦野ー本厚木ー相模大野ー新百合ヶ丘ー新宿
ふじさん12号:御殿場16:46発ー新宿18:27着
【停車駅】
御殿場ー駿河小山ー松田ー秦野ー本厚木ー相模大野ー新百合ヶ丘ー新宿
ふじさん6号:御殿場18:47発ー新宿20:20着(土休日は20:26着)
【停車駅】
御殿場ー駿河小山ー松田ー秦野ー本厚木ー相模大野ー新百合ヶ丘ー新宿

平日は1日3往復
片道所要時間は約1時間40分です

土休日は1往復増えて4往復となり

7月8月などの繁盛期の土休日にはもう1本増えて
1日5往復となっています

2021年7月21日~8月31日の特急料金は
大人200円子供100円高くなります

大人1560円が1760円に、
子供780円が880円になります
(乗車券は大人1300円子供660円)

私は7月21日に乗ったため
ちょうど高くなった日でございました(^^)

御殿場ー新宿間・大人1名
特急券1760円+乗車券1300円=3060円です

乗られる場合は
時刻表をよくご確認下さい

小田急ロマンスカー時刻表

8つの乗り物で寄り道し放題の
小田急のお得な切符


御殿場で泊まったホテルは
ルートイン御殿場駅南

多くがオリンピック関係者だと思いますが
満室でしたね(^^)

小田急電鉄40年の軌跡 昭和末期から今日まで

線路のすぐそばに家やマンションがあったりするのは
日本では普通の光景ですが
外国人の方々は近さにびっくりしますね(^^)
電車内で寝るのも日本人の中では普通の事ですが
これもびっくりされますね
人生で初めて電車内で寝たと
感動している外国人の方がいました(^^)

コメント